2019年7月21日(日)
『よく寝れた』
今日は第3週の日曜日、新城エンスーミーティングの開催日です。先月は雨降りの為に前日から中止が決まっており、2カ月振りの開催です。
先月からサマータイムに切り替わっていて朝5時間の開催です。体調充分なら行く気満々でしたが、流石に前日の寝不足が祟り、起きるぞ!と云うモチベーションは湧いて来ませんでした。
また27日の土曜日に、実家の在る伊賀市や閑日堂のチャリティーに出品する為の用品を届ける予定なので、今週はじっとしようと思っていた事もありますけどね。
多分、その頃には梅雨も明けて、ギンギンギラギラの真夏が待っていそうな気がします。
無尽蔵に体力があり、2〜3日徹夜しようが平気だった若い頃とは違うので、体力の消費は極力抑えていかないとね、持たないのよ!
それはさておき、昨晩は枕の下に座布団を2つ折りにしたモノをかませて体を半分起こし気味に寝ました。そうする事により、鼻水が喉に落ちる角度が変わり、刺激を受ける事も無くてぐっすりと寝れました。暫くはこの体勢で寝る事になると思います。

2019年7月20日(土)
『寝不足』
ここ1カ月半ほど前から花粉症の症状が出て、大変な思いをしています。
今までは2月から3月位にスギ花粉に反応しいました。ところが今年は檜の時期が過ぎた辺りから、又、鼻がぐずぐずとしだしたんです。目の方は何ともないんですけどね。
セカンドオピニオンの病院に処方して貰った薬を飲んでいるのですが、効き目がイマイチっぽいです。一旦、終息に向かったかの様に思ったのですが、4〜5日位前からまた酷くなって昨晩は最悪でした。床に就いて横になったら、鼻水が喉を刺激して咳が止まらないんです。その度に痰が口の中に残り、不快感は半端ないです。結局、咳が止まらず、時計の表示が4時40分位までは覚えています。
そこから2時間後に目覚ましで起こされて、休日出勤に行きました。
流石に睡眠不足での仕事はキツイです。今晩は、ぐっすりと眠りたいので、しっかりと対策を講じてから床に入ります。

2019年7月19日(金)
『満席御礼』
10日から募集を掛けていましたHP開設15周年記念の『蕎麦喰いオフ』ですが、本日、最後の一席に申し込みがありまして、すべての席は埋まりました。
お盆明け、日曜日の夜の開催でしたから参加を躊躇された方もおられると思います。(すみません)
私も和久里さんに貸し切りにして頂いた手前、最低でも募集分の頭数は揃えないといけないと思っていただけにホッとしました。
開催日の8月25日頃は、私の一押しの「すや」ではまだ、栗きんとんの販売はされていません。
しかし、20日過ぎには恵那川上屋を始めとする市内の和菓子店での販売が始まります。
9月からの栗のシーズンが始まると多くの観光客が東濃方面に押し寄せます。そうなると、とても貸し切りなんかお願い出来る状況では無くなります。そういった意味でギリギリの期限設定にしたつもりです。
少し早めに現地に赴き、美味しい栗を食べたり、山岡町や阿木の素敵なカフェで楽しい時間を過ごした後、夜は美味しい蕎麦に舌鼓を打って下さい。
参加申し込みをして下さった方々には、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

2019年7月18日(木)
『残り1席』
毎日毎日、雨の話を書くのに飽きました。
今度の土曜日は2週間振りの休日出勤になりました。
体力温存の為に本日の日記はこれにて終了!。

2019年7月17日(水)
『残り1席』
今朝、出勤前に確認した天気予報では1日中曇りで時折雨が降るかも、となっていました。
ところが蓋を開けて見たら何の事は無い、青空が顔を出しました。
帰宅後、ネットで調べてみると、中四国から関東、東北にかけて日差しの届いた所が多く、各地で気温が上がったようです。 15時までに全国266地点で真夏日を観測。200地点を超えるのは、6月6日以来のようです。
お昼のニュースで紹介されていた祇園祭山鉾巡行が行われた京都では33.8度、暑い事で有名な岐阜県多治見市では33度まで上昇する等、夏本番を思わせる様な暑さになりました。
しかし、この天気も今日まで、明日はまた梅雨に舞い戻り雨模様です。さらに19日から20日頃にかけては、梅雨前線に向かって流れこむ湿った空気の影響で、西日本や東海エリアを中心に、梅雨末期の大雨となるおそれがあります。皆さん気をつけましょう。

2019年7月16日(火)
『残り1席』
1970年代前半に爆発的人気を誇った女優の純アリスさんが12日に亡くなられたそうです。
夫で俳優の三浦浩一さんが、ツイッターで発表しました。
1972年、TBSのテレビドラマ『ママはライバル』に、主演の岡崎友紀の同級生であり、父親役の高橋悦史の再婚相手となる青海マリ役で女優としてデビューしました。可愛かったですね〜! 
当時中学生だった私は岡崎友紀派でしたが、フランス人形みたいに可愛くて、その魅力にノックアウトされました。
その後、東京キッドブラザース入団。ヒロインとして人気を博し、1970年代前半のCMやファッション誌、男性誌のグラビアを飾りました。
66歳って、まだ若いのに残念です。ご冥福をお祈りします。
それにしても、『ママはライバル』には、懐かしい名前の俳優さんたちが、結構出ていたんですね。
高橋悦史、 冨士真奈美、 鳥塚しげき、夏夕介、渥美マリ、名古屋章。冨士真奈美さんは、今でもたまにテレビで拝見しますね。鬼籍に入られた方も数名みえます。
でも、一番気になるのは、渥美マリさん。大映のセクシー系女優として人気がありましたが、最近では、まったく姿を見ませんね。
『ママはライバル』では、確か教師役だった様な記憶がありますが、あんな先生の授業だったら勉強に身が入らないと思いながら見ていました。デビュー作が、ガメラ映画だとは知りませんでした。

2019年7月15日(月)
『悩まずに』
今日も1日、雨模様でしたね。少しでも日照時間があればと思うのですが、雲が空一面に広がっています。そのお陰と云えば、お陰なんですが5月に空っぽになった宇連ダムの貯水率が、97.7%とほぼ満水に近い状態になっています。100%となると今度は放水に切り替わる訳で勿体無い話です。

さて、現在募集している「蕎麦喰いオフ」ですが、今の所、初参加の方が4名申し込まれています。
参加しない理由を色々と考え悩まずに、ただ美味しい蕎麦を食べる会に参加するだけと気軽に捉えてもらえると嬉しいです。
開催日時は8月25日(日曜)午後5時から2時間程度。会場は岐阜県中津川市、中津川駅から徒歩2分の所に在る「手打蕎麦 わくり」です。
今回は「そば三昧」を提供して貰います。内訳は、ウエルカムドリンク(ノンアル)、そばがき、せいろ、冷やかけすだちそば、甘味(水あずき)です。これにそばつゆのお土産が1本付きです。
参加費は破格の3千円に決定。本来外税なのですが、それについては私からの感謝の気持ちという事で皆さんからは頂きません。
募集は先着順で人数に達し次第締め切りです。

申し込みは掲示板、もしくはトップページの下にあるコンタクトからメールでお願いします。
その時に連絡用の携帯電話の番号も併せて記入して下さると助かります。

2019年7月14日(日)
『残り3席』
今日も小雨のパラつく残念な1日でしたね。昨晩は、結構雨足が強かったのか音が非常に大きく、目覚め&寝つきが悪かったです。そんな事も影響したのか、今朝は9時近くまでぐっすきと寝ていました。自分的には遅めの朝食を相方と食べ、うだうだと時間を過ごした後、期日前投票に出掛けました。
今まで、引っ越し等で選挙権が無かった時以外は、20歳からすべて投票しています。これだけは譲れない自分のポリシーです。
さて、現在募集している「蕎麦喰いオフ」ですが、急遽決めたという事もありますが、席数が少ない事は最初から分かっていたので、前回の出席者や私の知り合いには声を掛けていません。
前回は20席の募集だったで、兎に角、ガラガラでは貸し切りにして頂いた「居尻」さんに申し訳が立たないと思い、3分の1程度は私の関係者で埋めました。
その結果、一部の参加者とはお話する時間も少なく、満足して帰られなかったようです。その反省もあって、今回は前回参加出来なかった方を優先したいなぁと思っていました。
幸い、今の所前回参加者からの申し込みは無く、初参加の方が4名申し込まれています。出来れは残りの3席もお初の方に来て貰えると、私としては凄く嬉しいです。
余りゴチャゴチャ考えず、ただ美味しい蕎麦を食べる会に参加するだけと気軽に捉えてもらえると嬉しいです。
開催日時は8月25日(日曜)午後5時から2時間程度。会場は岐阜県中津川市、中津川駅から徒歩2分の所に在る「手打蕎麦 わくり」です。
今回は「そば三昧」を提供して貰います。内訳は、ウエルカムドリンク(ノンアル)、そばがき、せいろ、冷やかけすだちそば、甘味(水あずき)です。これにそばつゆのお土産が1本付きです。
参加費は破格の3千円に決定。本来外税なのですが、それについては私からの感謝の気持ちという事で皆さんからは頂きません。(通常、これらを単品で注文すると税込み約6千円になります)
募集は先着順で人数に達し次第締め切りです。

申し込みは掲示板、もしくはトップページの下にあるコンタクトからメールでお願いします。
その時に連絡用の携帯電話の番号も併せて記入して下さると助かります。

2019年7月13日(土)
『残り5席』
今日は朝一番にJAに赴き、冷めても美味しいあきたこまちの玄米を5キロ分、白米に精米して貰い買って来ました。平日だと営業時間内に間に合わないのと、土・日は、キロ20円値引きされるので、毎週末に買いに来ています。
その後、酷道の下道を中津川に向かってハンドルを切りました。予定通り午後1時半にお店に到着。最後のお客さんが帰るのを待って打ち合わせです。
さて、10日に告知した開設15周年の「蕎麦喰いオフ」の詳細についてです。
店内にはカウンター席は8席と奥に6席のテーブル席がありますが、今回はカウンター席のみの開催とします。現在2名の予約を受けており、私の分を差し引くと残り5席になります。
開催日時は8月25日(日曜)午後5時から2時間程度。会場は岐阜県中津川市、中津川駅から徒歩2分の所に在る「手打蕎麦 わくり」です。
今回は「そば三昧」を提供して貰います。内訳は、ウエルカムドリンク(ノンアル)、そばがき、せいろ、冷やかけすだちそば、甘味(水あずき)です。これにそばつゆのお土産が1本付きです。
参加費は、破格の3千円に決定。本来外税なのですが、それについては私からの感謝の気持ちという事で皆さんからは頂きません。
残り5席しかありませんが、堅苦しく考えずに、気楽に美味しい蕎麦との一期一会を楽しむ会だと理解していただけると幸いです。募集は先着順で人数に達し次第締め切りです。

2019年7月12日(金)
『募集中』
今日は朝一番だけ小雨模様でしたが、その後は曇り空が勢力を増していました。
午後になると青空が顔を出し始め、気温は一気に29度まで上昇、地表の水分が水蒸気と化して湿度がグングン上がり、蒸し暑い午後でした。
仕事的には先週が大ハードでしたから工場長が気を利かせてくれ、水・金の2日間は一番楽な仕事でした。明日は中津川に「蕎麦喰いオフ」の打ち合わせに行くので、少しでも体力を温存出来た事はラッキーでした。
さて、10日に告知した開設15周年の「蕎麦喰いオフ」ですが、現在2名の予約を受けています。
まだまだ、席には余裕がありますので是非ご検討の上、ご参加を。
開催日時は8月25日(日曜)午後5時から2時間程度。会場は岐阜県中津川市、中津川駅から徒歩2分の所に在る「手打蕎麦 わくり」です。
メニューとしては土・日に提供している「そば三昧」を中心に考えていますが、詳細は明日に打ち合わせに行って来るので、それからの発表になります。予算的には一人、3千円〜4千円位に考えています。募集は8名から多くても9名までで先着順で人数に達し次第締め切りです。

2019年7月11日(木)
『現在2名』
今日も昼から雨模様でした。
さて、昨日告知した開設15周年の「蕎麦喰いオフ」ですが、現在2名の方から参加表明を頂いています。まだ、席はありますので、是非ご検討を。
開催日時は8月25日(日曜)午後5時から2時間程度。会場は岐阜県中津川市、中津川駅から徒歩2分の所に在る「手打蕎麦 わくり」です。
メニューとしては土・日に提供している「そば三昧」を中心に考えていますが、詳細は今週土曜日に打ち合わせに行って来てからの発表になります。予算的には一人、3千円〜4千円位に考えています。
募集は8名から多くても9名までで先着順で人数に達し次第締め切りです。

2019年7月10日(水)
『オフ会告知』
今日は久し振りに青空を見た様な気がします。しかし、明日は梅雨前線が北上し、西日本から東日本の広い範囲で傘の出番になりそうです。西日本や東海は朝から雨となり、関東でも夕方以降は雨が降りやすくなります。お出掛けには雨具を用意した方が良いと思います。
さて、まだ覚えている方もいるかと思いますが、5年前にこのサイトの開設10周年を記念して掛川市の山奥に在る「手打そば 井尻」さんにて「蕎麦喰いオフ」を開催しました。
次回は無いぞ!と思っていましたが、思うところがあって、半年遅れながら開設15周年の「蕎麦喰いオフ」を開催する事にしました。
開催日時は8月25日(日曜)午後5時から2時間程度を予定しています。会場は岐阜県中津川市太田町、中津川駅から徒歩2分の所に在る「手打蕎麦 わくり」です。
今回、ミシュランプレートに選ばれた若手のそば打ち職人です。メニューとしては土・日に提供している「そば三昧」を中心に考えていますが、詳細は今週土曜日に打ち合わせに行って来てからの発表になります。予算的には一人、3千円〜4千円位に考えています。
交通アクセスは中央自動車道・中津川ICからも車で10分位で着くかと思っています。
そば前に付き物のお酒に関しては、美味しい地酒が隣の仁科酒店から入荷していますが、今回は提供しません。もし、お飲みになりたい場合はJRの電車で来るか、それともハンドルキーパー役の方と同伴で申し込んで下さい。
前回は、お店のキャパシティーが大きめだったので20名の募集でしたが、今回は「わくり」さんのカウンター席のみの募集となるので、8名から多くても9名までだと思います。
抽選にする程の人気にはならないと思いますので、先着順で人数に達し次第締め切りです。
前回、町のお役や仕事が忙しくて泣く泣く諦めた方や、どうしょうかと悩んだうえで止められた方など、ご検討のほど宜しくお願いします。
申し込みは、トップページの下にあるコンタクトからメールでお願いします。

2019年7月9日(火)
『ラッキー?』
今日も曇り空優先の1日でしたが、時々俄雨が降ったりしてなかなか仕事のモチベーションを保つのが難しかったです。そんな中、1年1回の職場での健康診断に臨みました。
中型のバス2台が事務所横の駐車場に停車、レントゲンや心電図に胃X線検査(バリウム検査)の準備は万端です。
最初は問診票の聞き取り&確認に始まり、尿検査、血圧、血液採取、視力検査、聴力検査と進み、次はレントゲンや心電図まで済ませました。胃X線検査が混んでいて、先に内科医の検診を受けてからにしましょうとなりました。しかし、そこで問診票を見た医師から、咳と痰の症状が治まっていないようなので、バリウムを誤飲すると非常に不味いし、もしやったとしても、その後に大量の水分を摂取しなければならず、あなたが現在治療継続中の病気の事を考慮すると無理をして胃X線検査を受ける事は勧められません。よって「今日の検診では、胃X線検査は受診しないものとします」と云われました。
私としても、一昨年セカンドオピニオンで胃カメラを受診しているので、これは助かりました。
どの道、来年位には、セカンドオピニオンの医師が、そろそろ胃カメラをやりませんかと云ってくる筈ですから、ちょっとでも回数を減らせて助かりました。

2019年7月8日(月)
『見ました』
タイムリーと云えばタイムリーな話なんですが、中日新聞6日(土曜日)の東三河版の「アニマルライフストーリー」で、ニホンカモシカの話題が紹介されていました。そのニホンカモシカを見たんです。
昨日、東濃からの帰り道、設楽町中心部から田峯方面に坂道を下っている時、山側、左側面のコンクリート壁の上にいるニホンカモシカを発見しました。かなり大きい成獣だと思いますが壁の幅30センチ位の所を横に移動しながら草を食んでいました。
いつもの私ならば、即座に車を停めて写真を撮る所ですが、昨日は8台位の集団で坂道を下りていた時なので、急に停まる事が出来ずに諦めました。
野猿や鹿については、前職の時、ほぼほぼ毎日の様に見ていたので、全然新鮮味もなにも無いのですが、ニホンカモシカは、テレビの映像でしか見た事がなかったので、とても驚きました。
近年は生息数が増え生息域が広がり、人里に近い所に出没する例が増加しているとは聞いていましたが、目にするとハッとしますね。

2019年7月7日(日)
『満々と』
それにしても雨がよく降りますね。梅雨の時期だから当たり前と云ってしまったら身も蓋もない話になりますが!
5月に貯水率0%の空堀になってしまった東三河の水瓶、宇連ダムも梅雨に入ってからの降雨と先日の梅雨前線がもたらしたかたまった量の雨で、現在貯水率は8割弱まで戻しています。
これで、余程の事が無い限り夏場も大事には至らないと思います。
今日は補充目的で奥三河から東濃方面のダムカードを貰いに廻りましたが、どこのダムも満々と水を湛えていました。
昼食は、私の一押し蕎麦屋「手打蕎麦 わくり」で、食べて来ました。
食べログの『そば100名店 2019』に選出されたのに続き、ミシュランプレート(ミシュランの基準を満たした料理を提供する飲食店)にも選ばれました。売り切れ御免の最後に滑り込み、美味しい蕎麦をいただいた後、色々とお話を聞かせて貰いました。
ご本人は「これに驕ることなく、日々精進を積み重ねるだけです」と、若いのにしっかりした言葉に安心しました。

2019年7月6日(土)
『厳しかった』
今朝はセットしてあった目覚まし時間よりも20分も早く起床しました。特別にモチベーションが高かった訳ではありませんが、何故か早く目が覚めました。
今日は休日出勤なので、お昼ご飯は会社がお弁当を準備してくれるので、いつもの様にお弁当を詰める時間が要らないので、ついついネットニュースを読み過ぎました。
気が付くと日々の出発時間をオーバー、慌てて車に乗り込み出掛けましたが土曜日なのでいつもより通勤の車が少なく早く到着してしまいました。
今日の仕事は、勤務先の中でも1番ハードな部門です。通常は最低でも1日は間隔を空けて回って来るのですが、今週は後期高齢者が予定外の日に休んだり、新人の1人が腰が痛いと云って4連休を取ったりした為、私にしわ寄せが来て、今週は、月・水・金・土の4回も回って来ました。
仕事を終えて帰って来る時、工場長に「お疲れ様です。今週はとても疲れたと」アピールしておいたので、来週は、火・木の2回になると思います。そんな風に対応して貰わないと、こちらの体が壊れてしまいます。細〜く、長〜く上手く回していかないと、壊れたら元も子もなくなりますからね。

2019年7月5日(金)
『寒かった』
今日は1日中、曇り空優勢で午後3時過ぎからは小雨が降り出しました。気温は25度を超えず、その上結構強い風が吹いていて真夏モードの仕事着では寒かったです。かと言って、もう1枚上に着るモノを持って行っている訳では無いので我慢するしかないんですけどね。
さて、今日で今週の仕事も終わりとなる所ですが、明日の休日出勤を頼まれました。先週は指名が無かったので、今週はあるだろうと予想はしていたので想定内です。
あとは明朝のモチベーションだけですね。

2019年7月4日(木)
『ジャイアントキリング』
リーグ戦では今季、一時は首位に立つなど好調をキープしていた名古屋グランパスですが、ここ最近の不調によって順位も8位まで下降しました。
7月3日に行われた第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦で、ジャイアントキリングが起きました。名古屋グランパスは次戦のリーグ戦を睨み、主軸のほとんどを温存しベンチ外としており、その為、鹿屋体育大に0-3の敗戦を喫しました。
大学生を相手に言い訳の出来ない惨敗を喫してしまったのです。仮にもプロの選手ですよ、情けないを通り越して「恥を知れ」と叫びたい位です。
この状況に急遽動いた訳ではないでしょうが、FC東京から元日本代表DFの太田宏介選手を獲得、そして、次にセレッソ大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗選手の獲得にも乗り出している事が分かりました。ACL出場権の取れるリーグ3位以内を目指して頑張ってほしいです。

2019年7月3日(水)
『大雨特別警報』
このところ梅雨前線の活動が非常に活発ですね。気象庁は今日午前に緊急会見を開き、黒良主任予報官が数十年に一度の雨となり得る「大雨特別警報」発表の可能性を指摘。「命を守るため早めの避難を」と呼びかけました。
記録的な大雨となっている九州では、南部を中心に土砂災害や川の氾濫の危険が高まっています。鹿児島県では川の堤防が決壊するなど被害が出ており、現在、鹿児島市など、9つの市と町の92万人を超える人に避難指示が出ています。
鹿児島市の中心市街地近くを流れる甲突川では、普段より水位も大幅に上がり、橋の欄干に迫る勢いとなっています。
降り始めから3日朝までの雨量は宮崎県えびの市で883ミリ、鹿児島県薩摩川内市八重山で678ミリ、同日置市で600ミリと、いずれも7月1カ月分の平年値を上回っています。
九州北部では3日夕、九州南部では3日夜遅くから猛烈な雨のピークを迎え、4日朝までの予想雨量は九州南部で350ミリ、九州北部で300ミリ、四国で250ミリ、などとなっています。前線の停滞に伴い、6日頃まで大雨が続く恐れがあるようです。
九州北部には、ネットがご縁で知り合った方が若干名居ます。地震や大雨など自然災害が多く発生している中、元気にやってくれているものだと信じています。自分の命は自分で守るしかないので、迅速な判断で行動を取って安全を確保して下さいね。

2019年7月2日(火)
『暗黒の月曜日』
テニスのウィンブルドン選手権は1日、男子シングルス1回戦が行われ、優勝候補に挙がっていた大会第6シードのアレクサンダー・ズベレフ選手と第7シードのステファノス・チチパス選手が共に敗れました。女子シングルスでも第2シードの大坂なおみ選手が初戦で敗れ、ウィンブルドンの初日は暗黒の月曜日となりました。
ウィンブルドンの女子シングルスで上位第2シードまでの選手が初戦敗退を喫したのは、2001年大会でトップシードだったマルチナ・ヒンギス選手以来の事です。
今日の試合では、ウィンブルドン大会の前哨戦といえる2週間前のネーチャーバレー・クラシックで苦杯を舐めさせられた世界39位のユリア・プティンセバ選手に6-7(4-7)、2-6で敗れました。
38対7。両者のアンフォーストエラーの数です。ウィナーは大坂選手が34本と相手の15本を大きく上回りました。
しかし、相手の2倍のウィナーを決めても、5倍以上の凡ミスをおかしては勝てるわけがありません。3回戦で敗退した全仏と同じ様に、重圧に押し潰されたと見るべきでしょうね。技術的な課題も挙げられとは思いますが、苦戦の第一の原因はメンタル面にあると思われます。
全豪直後にサーシャ・バインコーチとの契約を解消してから迷走が始まった訳ですから、コーチを替えるのが早過ぎたのだと思います。今更取り返しても元には戻らないと思います。
ロジャー・フェデラー選手は前哨戦での記者会見で、今の大坂選手について「自分も同じ様な状況に陥った事がある。慣れていくしかない」と理解を示しました。
このあと最大級のプレッシャーとなるであろう連覇が懸かる全米オープンまで、もう2カ月もありません。この難局をどう乗り越えていくか、大坂選手の頑張りに期待するしかありません。

2019年7月1日(月)
『復活』
遂に復活しました。6月30日、オーストリアで行われたF1第9戦オーストリアGPにおいて、レッドブルのマックス・フェルスタッペンセンター選手が今季初優勝を決め、大会連覇を飾りました。
パワーユニットを供給するホンダとしては、2006年のハンガリーGP以来の優勝となりました。
そして2015年のF1復帰以来最初の優勝です。初優勝まで結構時間が掛かりましたね。
多くのホンダファンが待ち望んでいた夢が1つ叶えられました。
先日もフランスで行われたル・マン24時間耐久レースで、トヨタが大会2連覇を達成しました。
トヨタも長らく勝てない時を過ごし、初優勝からの連覇です。
レースという過酷な現場で鍛えられた技術は一般市販車にフィードバックされ、活かされています。
日本の先進技術が世の中の役に立って、より安全で快適な車になる事は喜ばしい事です。


HOME 過去の日記