2019年10月13日(日)
『衝撃的光景』
東海から関東、東北地方へと猛威を拭き散らしながら進んだ台風19号。
私の住む地域では、台風一過の青空が顔を出し台風の片付けをしていると汗ばむほど暑いです。
数十年に一度の重大な災害が予想される特別警報が、東京、神奈川、埼玉、山梨、群馬、長野、静岡、新潟、栃木、茨城、福島、宮城、岩手の1都12県の自治体で発令され、都内でも板橋、豊島、墨田、世田谷など6区にも出されました。
一夜明け、TVの画面を通して見る被災地の映像は、衝撃的な光景で言葉も出ませんでした。
小学生の時に地理で習った有名な河川、千曲川(信濃川とも云いますが)始め、阿賀野川、阿武隈川、多摩川、等から水が溢れ出し堤防が決壊したり、住宅地に水が押し寄せマンション1階に住む住人の方が亡くなられたりしています。
私が大学生の時に利用した上田市の上田電鉄も千曲川の堤防が崩れた影響で鉄橋が落下したりと大きな被害が出ています。
最近、マンホールカードの交換で知り合った方の中にも被災地域に住まわれている方がみえます。
心配でメールを送りましたが、大きな被害にはあってないようでホッとしました。
関連してダムカードも集めているので関東方面のダムの名前も少しは知っていたので、緊急放流が行われる可能性があるとニュースで知った時は驚きました。
治水対策等で造ったダムから放流があれば、下流域はもっと水没の被害が大きくなる事は自明の理です。それでもダムの決壊を引き起こす前に放流に踏み切る決断をするのなら、それだけ今回の台風が降らした雨の量が尋常でないという事です。
事前の台風情報では、東海地方でも多い所で、24時間雨量で1000ミリと云っていました。1000ミリって1メートル?と耳を疑った位ですから、今回の水害は大規模な天災と云っても仕方ないのでしょう。
幸い、私の住む所は被害に遭いませんでしたが、被害に遭われた方々の一刻も早い復興を祈っています。ボランティアには行けませんが、募金や何らかの形で復興の力に微力ながら協力していきたいと思います。

追記:こんな時になんですが、今晩のラグビーW杯、日本対スコットランド戦、被災地の皆さんに少しでも勇気を与えられるよう、是非とも頑張って勝利を掴んで欲しいと思っています。
ファイト一発 ブレイブ・ブロッサムズ!

2019年10月12日(土)
『こんな日でも』
台風接近に伴い事前準備をする中で、昨日は車のガソリンを満タンにする予定でしたが色々あってGSに行けませんでした。仕方なく、朝ご飯を食べてからGSに向かいました。
この日はGSで何かのイベントが予定されていましたが、台風接近の折、中止になっていました。それでも給油しているとスタッフの方がティッシュペーパーを1箱持って来てました。(サンキュー)
帰り道IC付近を通るのですが、大手の運送会社は軒並み臨時休業になっていて、大型トラックが綺麗に並んでいました。その反対側を見てみると、大型パチンコ&パチスロ店では、多くの車が駐車されていました。こんな台風がこれから接近して来ると云われている時でも、ギャンブル依存症の方々には、関係無いんですね。多分、家族の方からも見放されているのだと思います。
2016年12月に統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立してますが、私は反対です。
そして台風19号の状況ですが、午後2時現在東三河では雨はそれなりに降っていますが、思ったよりは風は吹いていません。
台風の進路に当たる方々の被害が最小限で納まる事を祈っています。

2019年10月11日(金)
『安全ファースト』
ラグビーW杯日本大会は台風19号の影響で12日に行われる予定だった2試合を中止にしましたが、今日は悪天候の中、試合を決行したんですね。
静岡県のエコパスタジアムでは9日のスコットランド戦に引き続き、D組のオーストラリア対ジョージア戦が開催されました。
台風19号が近づいている影響で強い風雨が吹きつける悪条件で行われた試合は、世界ランク6位オーストラリアが同13位ジョージアの防御に苦戦するも、27―8で勝利しました。4トライを決めたオーストラリアは勝ち点16で暫定1位に立ちました。
そして、13日の日本との試合が、中止になると予選プール敗退の憂き目にあうスコットランドは、硬軟併せた色んな意見を発言し、ワールドラグビーかや日本大会開催者にプレッシャー&揺さ振りを掛けてきています。 紳士のスポーツらしく、紳士の振る舞いをして品格を保ってほしいものです。
世の中がラグビー一色に塗り替えられた様な雰囲気ですが、三重県の鈴鹿サーキットでは、F1第17戦日本GPが開催されています。とは云うもののF1公式サイトは今日、明日土曜日のスケジュール変更を発表、「土曜日は台風19号接近によりキャンセルする」とし、予選は日曜日10時に開催され、フリー走行3回目は行わないそうです。
それに付随して「FIA及びF1、鈴鹿サーキットとJAFは、観客、競技者、鈴鹿サーキットの全員の安全を最優先して決断をしている」とコメントしています。
こちらも英国発祥のモータースポーツですが、安全ファーストを謡っています。ラグビーもその様なスタンスで物事を進めてほしいですね。

2019年10月10日(木)
『とても残念』
ラグビーW杯日本大会組織委員会と国際統括団体のワールドラグビーが今日、都内で記者会見を行い、週末に接近する台風19号の影響で開催が困難になったとして、12日に行われる予定だった1次リーグB組のニュージーランド―イタリア(豊田スタジアム)と、同C組のイングランド―フランス(横浜国際総合競技場)の2試合の中止を発表しました。
ニュージーランドに勝てば決勝トーナメントに進める可能性が残っていたイタリアチームには残念な決定で敗退が決まりました。
過去8回のW杯で中止は初めての処置ですが、安全を第一に考えた結果だという事です。
残る1試合のA組、アイルランド―サモア戦は開催地が九州・福岡と云う事で台風の影響が少ないと判断し、試合は予定通り行うそうです。
東海地区でオールブラックスのハカを見るのを楽しみにしていたファンにはショックでしょうね。
そして、今晩はサッカー・カタールW杯アジア2次予選が埼玉スタジアム2002にモンゴル代表をに迎えて行われ、試合開始から完全に主導権を握る日本代表が大量6ゴールを奪い、6−0で勝利を収め2連勝を飾りました。
先制点を奪った南野選手は3試合連続ゴールとなり、森保ジャパン体制下では最多8得点目をマークしました。
次戦はアウェーでのタジキスタン戦です。

2019年10月9日(水)
『持ち越し』
今日は3ケ月に1度の定期検査を受診する為に会社はお休みです。採血&採尿の数値も落ち着いていて良かったです。
8月の入院や先日の目の周りの腫れ等の報告をしましたが、こちらの件には影響も無いとの事で、次の検査は来年の1月に決まりました。ひとまずは安心しました。
さて、ラグビーW杯は1次リーグA組のスコットランド対ロシア戦が静岡県のエコパスタジアムで行われました。後がない状況に追い込まれているスコットランドと何にも無くなったロシア。
13日の日本戦を見据えて主力の多くをベンチ外にしたスコットランド。それでも全敗中のロシアはモチベーションを保つのが難しかったんでしょうね。結果は、スコットランド61―0ロシアです。
これにより日本の決勝トーナメント進出は持ち越しとなりました。後は運を台風に任せましょ〜〜!

2019年10月8日(火)
『台風19号が台風の目?』
大型で猛烈な台風19号は8日午後6時現在、マリアナ諸島にあって時速20キロで北西に進んでいます。 中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルとなっており、週末にかけて国内に強風と大雨をもたらす恐れがあります。
ラグビーW杯は12〜13日にかけて1次リーグが大詰めを迎え、12日は愛知・豊田スタジアムなどで3試合が、最終日の13日には横浜でA組の日本―スコットランド戦など当各地で4試合が行われます。ですが試合の開催そのものが懸念されています。
今日現在の台風の進路予想図によると13日の午後から夜にかけて東海から関東方面に進むような進路になっています。
もし、13日の最終戦が中止となった場合、日本はスコットランドと戦わずして初の8強入りが決まります。大会規定で1次Lは中止でも順延がなく、引き分け扱いに。この為、日本は勝ち点2を得て、自動的にA組1位で1次L通過。12日のアイルランド―サモア戦(博多)が中止になった場合も8強入りが決まります。
それを知った日本代表ウィングのレメキ・ロマノ・ラヴァ選手は「試合をやらずに8強行くのは男らしくない。試合はやりたいね」とコメント。ただ「バックスとしては雨は嫌」。濡れるとボールが滑りやすくなりキャッチが大変になる。影響の出やすいキックが減ってFWによる地上戦が増える可能性もある。「風もSOが大変になると思うけど、まぁ大丈夫」と強気。被害が出ずに無事開催されることを願っていました。
4連勝をして首位で勝ち抜けるのが1番良いのでしょうが、試合をやらないで決勝トーナメントに進めれば、疲労回復的な事やケガのリスクが減る分、先々の戦いが有利になると思うのは、いけない事でしょうか?

2019年10月7日(月)
『お疲れ様でした』
今日は右眉の上辺りが炎症を起こし目の周りが腫れてしまい病院に行って診察して貰いました。目の下の涙袋にも水分が溜まり、ぷっくらと膨れています。体調的には問題無いので明日は出勤予定です。
さて、6月頃に豊川市・下水道局が募集をしていたマンホール蓋の広告募集ですが、豊川市の農協・JAひまわりと切削工具メーカーの大手のQSGが広告主に決まったと新聞に乗っていました。電柱に付いている袖看板は割と目に付き易いと思うのですが、足元のマンホール蓋はどうなんでしょうね。
毎月4千円の費用も宣伝広告費で経費として落とせるので安いのかもしれませんね。
そして、長年リンクをさせて貰っていたブログ、「高原カフェ日和」さんからサイト閉鎖の連絡が入りました。蕎麦屋&カフェ情報など色々と共有させて貰いました。(ありがとうございました)
私も還暦になって定年を迎えた時に、サイトの終了を考えた事がありました。でも、今までこのサイトを応援してくれた方達をあっさりと切ってしまっていいものなのかと思い直しました。自分の座右の銘「継続は力なり」を貫かないで止める事は、自分自身を否定する事になるとも考えました。
私は出来る限り頑張るつもりですが、「高原カフェ日和」の管理人さんには、今までリンクして下さった事に感謝の言葉を贈りたいです。それと同時にお疲れ様でした。

2019年10月6日(日)
『再スタート』
今日もラグビーネタから入ります。W杯1次リーグB組 ニュージーランド対ナミビアの一戦が、味の素スタジアムで行われ、ニュージーランドが今大会最多の11トライを挙げ、同じく今大会最多の71得点で快勝。3連勝で勝ち点を14に伸ばしました。
試合前、東京では初となる伝統の「ハカ」を披露しスタジアムは一気にヒートアップしていましたね。
そんな同日、東京から少し離れた静岡市のIAIスタジアム日本平で、サッカー女子の国際親善試合、日本代表対カナダ代表の試合が行われました。
FIFAランキング7位のカナダに対し10位の日本が前半から果敢に攻め、岩渕選手が先制。後半も押し気味に進め、籾木選手、長谷川選手、小林選手らが追加点を奪い、4―0で快勝しました。
16強で敗退した6月のW杯フランス大会以来、約3ケ月振りの試合で白星を挙げ、東京五輪へ向けて再スタートを切りました。
個人的には、なでしこリーグで、今期も17得点を決めているFW田中美南選手をもう少し早い時間帯から投入して欲しいです。

2019年10月5日(土)
『ボーナス点』
今日もラグビーの話題ですが、サッカーネタよりもイイなんて云わないで下さいね。
決勝トーナメント進出に向けて最高の試合になりました。1次リーグA組の日本は、サモアと対戦し38―19のスコアで退け、3連勝を飾りました。
試合開始直後からSO田村選手のPGが決まり、幸先の良いスタートを切りました。序盤に6―6の同点に追いつかれはしたものの、その後は加点を重ね、終始リードを保ったまま後半終盤のラスト・ワンプレーに突入。執念の4トライ目を決め、ボーナス点も獲得し、勝ち点を14に伸ばしました。
これで日本はA組の単独首位に立ちました。この結果、最終のスコットランド戦に勝つか引き分けでも決勝トーナメント進出が決まります。敗けてもボーナス点の状況によっては勝ち上がります。
そして、この勝ちでA組の3位以上が確定し、次回の2023年フランス大会に出場するシード権も獲得しました。
次戦も勝って4連勝で首位通過と行きたいものです。

2019年10月4日(金)
『残暑』
今朝、出勤前に天気予報を確認したら午前8時から10時頃まで1ミリの降雨予想になっていました。玄関を出ると既に道路は濡れていましたが、気温は22度と少し涼しめでした。この季節ならこんなもんでしょう。
ところがその後、太陽が顔を出し気温はグングン上昇に転じ、午後2時には27度を超える位までになりました。世間では、30度を超える地域もあったみたいで、時ならぬ残暑に見舞われた感じですね。最近の異常気象を考えれば、これが通常なのかも知れませんね。明日の天気予報をチェックしてみると最高気温の予想は30度でした。これって普通に真夏日ですよね!

2019年10月3日(木)
『ハカ』
昨晩行われたニュージーランド対カナダ戦では、キックオフ前には戦いの儀式「ハカ」で、スタジアムに集まった3万4411人の観客を興奮の渦に巻き込みました。大会公式ツイッターが紹介した動画は再生160万回を突破し反響を広げています。
その伝統の出陣に対して、意外な反応を示したのが、サッカーの元英代表FWでJ1名古屋でもプレー経験のあるゲーリー・リネカー氏。自身のツイッターで「もし対戦相手なら、笑いをこらえるのが大変に違いない」と批判しました。
しかし、ラグビーの母国から発信された礼を欠くツイートは瞬く間に炎上し、ファンからは「文化を理解していない」「恥を知れ」と批判の声が殺到しました。
W杯公式ツイッターも「彼らはW杯3度優勝しています。優勝1度でも素敵なのに」とチクリ……。W杯3度優勝のオールブラックスに対し、優勝1度のイングランドが皮肉られる結末となってしまった。
英国でもサッカー界のレジェンドの見識が疑われた。元ミラー紙編集長で名物コラムニストのピアース・モーガン氏はツイッターで「ハカはスポーツ界で最も壮麗もので、ニュージーランドで多大な文化的な重要性を持つ。君がバカにするのはおかしい」と批判しています。
現在は英公共放送「BBC」の国民的サッカー番組でホスト役を務めるご意見番的存在のリネカー氏。心無い発言で炎上を招き、ツイートを削除する事態となっています。
他国の文化に対する無知なのか、サッカーの方がラグビーよりも上だと勘違いしているのかは定かではありませんが、何にしても他人を認め、受け入れるといった精神が欠落していると思います。
選手時代にイエローカードを一枚も貰わなかったフェアプレーの精神をどこかに置いてきたのかもしれませんね。
余談ですが、この試合の終了後、スタンドではオールブラックスのユニフォームを着た15人位のニュージーランド人が「ハカ返し」ともいえる「ハカ」を披露し、その姿がネット上で公開されて評判になっています。ニュージーランドでは、大事な式典や試合の前に一般人や大学生等が「ハカ」を披露する習慣があるそうなので、それに倣ったのかもしれません。

2019年10月2日(水)
『ラグビー台風』
ラグビーW杯・日本大会は今晩、大分でプールBのニュージーランド対カナダ戦が行われ、世界ランク1位のニュージーランドが今大会最多タイとなる9トライを奪い、63―0でカナダに圧勝しました。
また、キックオフ前には戦いの儀式「ハカ」で、スタジアムに集まった3万4411人の観客を興奮の渦に巻き込みました。
スタジアムの中だけのW杯だった今大会、今では日本全土を巻き込んだW杯へと急速に姿を変えつつあります。これも日本代表が活躍した結果だと思います。
サッカー小僧であった私、何を隠そう高校進学時にラグビーへの転換を目論見、天理高校への進学を画策した事もありました。計画は不発に終わり、結局は地元の上野工業へと進むのですが、ラグビーへの関心が無くなった訳ではありません。だからラグビーも好きです。
さて、ラグビー台風が日本中を縦断する中、サッカー・アジア・チャンピオンズリーグ、浦和レッズ対広州恒大の準決勝第1戦が、埼玉スタジアム2002で行なわれ、2−0で浦和が勝利を収めました。
ファーストレグを無失点で終えた浦和は、23日にファイナル進出を懸けて広州恒大のホームに乗り込みます。2年振りの決勝進出を期待しています。

2019年10月1日(火)
『常備品』
今日はちょっとくだけた話です。我が家のカン缶の中にはいつも亀田製菓の「亀田の柿の種」が常備されています。
その亀田製菓が、今日から主力商品「亀田の柿の種」の柿の種とピーナツの配合比率について、消費者に投票して貰うキャンペーンを始めました。
現在の比率は、柿の種6、ピーナツ4(重量比)ですが、10対0から0対10まで、11の選択肢から消費者に好みの比率を投票して貰い、その結果を商品に反映するらしいです。
柿の種は1966年に発売され、発売後数年間は配合比率が7対3、5対5と変遷しましたが、70年代後半以降は6対4になっていました。
同社は米菓一本足から食品メーカーへの転換を図る上で、ロングセラーの見直しに踏み込む事も必要だと判断したようです。
投票結果は年内を目途に公表する予定で、結果を受けた配合比率の商品の発売時期や、定番にするか、期間限定とするか等は現段階で未定らしいです。
どちらにしても、ロングセラーと言えども安穏とあぐらをかいていられる時代では無くなって来ているという事です。


HOME 過去の日記