花唐草文輪花皿・表 花唐草文輪花皿・裏
 
五寸皿  延宝様式  柿右衛門手  (1670年代〜1680年代)

この古伊万里は延宝様式の柿右衛門手の上手の皿で、裏の銘は俗に古人(いにしえびと)と言われるものが書かれています。
口縁には口銹を施し、周りの唐草文様には四つの花をバランスよく配して大きく取った余白の中心に描かれた五弁花がデザインの引締め効果となって、スッキリとした図柄になっています。


焼物一覧のページに戻る HOME CONTENTS