染付亀甲文に下がり藤四寸皿
 
四寸皿 (1820〜1860年代)

時代的には文化文政頃のモノだと思われるが、四寸足らずの小さな空間の中に亀甲の紋様がバランスよく配され、その中に下がり藤の絵が書き込まれている。
出来栄えとしては最盛期のモノと比べるに至らないが、江戸時代のスッキリとした感性が光る一枚だと気に入っている。


焼物一覧のページに戻る HOME CONTENTS