染付山水図膾皿・表 染付山水図膾皿・裏
 
五寸膾皿  延宝様式  柿右衛門手  (1680年代〜1700年代)   

この膾皿は延宝様式の柿右衛門手で、裏銘は俗に車輪福と言われるものです。
口縁に口銹を施し、図柄は大胆に余白を設けて片方に遠山を、もう片方には東屋を配して描きこんでいる。
実家のある伊賀の骨董屋で大傷だから参考品として分けて貰ったモノで、縁の欠けから2本のニュー傷がありますが、パテと金継ぎで修繕してあります。


焼物一覧のページに戻る HOME CONTENTS