色絵宝尽し向付
図柄  見込

色絵宝尽し向付

1720〜1760年代 口径 11.4 高さ7.2 見込紋様図(蓑と葉っぱ図)  渦福

デパートの食器売り場に並んでいたら、現代物と間違えてしまいそうなデザインの向付。
形打ち成型で作られ高台にはしっかりと渦福の銘も書かれている。見込みの紋様は宝尽しで、色絵の赤や緑がポイントとなる。
書き分けられた唐獅子の姿が何となくユーモラスに描かれている。


焼物一覧のページに戻る HOME CONTENTS