染付花唐地鳳凰輪花鉢
 
延宝様式  (1670年代〜1680年代)  金銘

この古伊万里は延宝様式・柿右衛門手の中でも上手の皿で、裏の銘は俗に金銘(よきん)と呼ばれているものです。
型打ちで成型された輪花鉢の見込み中央に鳳凰を配し周囲は花唐草で埋め、口縁は二重線で輪郭を取った蛸唐草を書き込んでいる。蛸唐草と花唐草を巧みに使い分けスッキリとしたデザインになっています。

見込みの鳳凰の画像はマウスオンでアップになります。

焼物一覧のページに戻る HOME CONTENTS