シャルル・ドゴール

スプレーウィット

フェローシップ

ケアフリーワンダー

万葉

ゴールデングロー

ロイヤルハイネス

センチメンタル

アブラカタブラ

バイオレットオーナー

楽園

ヘンリーフォンダ

キャプリスドメイアン

アイスバーグ

ジャルダン・ドゥ・フランス

ゴールデンメダイオン

マヌーメイアン

インカ

アサギマダラ

四季咲き桜

アサギマダラ

今回伺った『新城バラ園』は、別名『新城フラワーパーク』とも呼ばれています。この場所を知ったのはあるキッカケからです。
お気に入りに登録している方がアサギマダラの撮影をしていたのでこの辺りでも撮影出来るポイントが在る事が分かりました。でも、どこに行けばよいのか皆目見当がつかずにモヤモヤしていました。そんな時にリンク先の「ecco のフォトだより」を管理している ecco さんが、新城市一鍬田のフラワーパーク新城でアサギマダラを撮影した記事をアップされました。
さっそく『新城市一鍬田 フラワーパーク新城』で検索を掛けると場所が判明、翌日仕事帰りに撮影に出掛けました。その日はアサギマダラを1頭だけ見ましたが撮影はできませんでした。周囲を見廻すと多くの種類のバラが咲いていたり四季咲き桜が開花中と見所満載でした。管理人の松井孝夫さんにお話を伺うと、市の花が「バラ」に制定されている西尾市の「憩いの農園」にバラの愛好家が集う会があり、松井さんもそちらの会員だそうです。この会を通じて購入したり交換したバラの数は、165種、195株にも及ぶそうです。元々は鉢植えで自宅に置いてあったそうですが、奥さんのご実家が持っていた雑木林を譲り受け6年ほど前からこつこつ整備をし、鉢植えから地植えにし今年1月から「新城バラ園」として公開したとの事。白、赤、ピンク、黄色など鮮やかな色彩が広がるバラのコーナーは10月中旬から11月末までバラが楽しめるそうです。
今年初めて植えたフジバカマにアサギマダラが来てくれた事も励みになり、来年はフジバカマの株も増やすとの事でした。
来年もバラの美しさとアサギマダラの飛翔を楽しみに訪ねてみたいものです。因みに四季咲き桜は、花ビラの色が変化しながら来年1月末頃まで咲いているそうです。
2017年、春のコンテンツはこちらから、秋のコンテンツはこちらからどうぞ。

HOME CONTENTS