掛川市下垂木2889
0537-29-6106
営業時間 11:00〜15:00
(LO 14:00)
駐車場 6台程度アリ
営業日 金〜月耀日
facebook
2017.02.10現在

1月末に掛川市の自家焙煎珈琲 シロネコに伺った折に、昨年6月近所に蕎麦屋が出来たとフライヤーを貰いました。
その日は既に営業時間が過ぎていたので、お店の場所だけ確認をして、後日伺う事にしました。掛川BP大池ICを降り北に進み、丸堀製茶冷凍倉庫をほんの僅かに過ぎ、住宅街の中に入る細い道を左折し、神社の前を更に進んで行くと山というか小高い丘の上に真新しい平屋の建物が現れます。



もりそば 800円

かけそば 800円

地元野菜天ぷら(約7品) 400円

桜海老のかき揚げ(野菜2品付) 400円

季節限定のフキノトウと山葵の葉 400円

口取り ふきと生ヤーコン 

店主の経歴がユニークで、島田市伊久美に在る農事組合が経営している農産物加工施設「やまゆり」で実施している「蕎麦打ち体験」の指導員を長年務めていたそうです。製粉所から送られて来た山梨県白州産のそば粉に地元産の玄蕎麦を石臼で手挽きした粉をブレンドし、味と香りを引き立てた二八蕎麦に打ち上げています。又、掛川産の野菜、島田市伊久美で採れる山菜とオーガニックな素材を提供する等、蕎麦以外にも拘っています。
蕎麦は中くらいの太さで、腰の強さはそれ程感じませんでしたが、その分ノド越しは良かったです。もりそばの浸け汁、かけそばの汁も優しい味付けでした。この日注文した地元野菜の天ぷらは、ヤーコン、パプリカ、人参、原木生椎茸、菊芋、菜の花、芽キャベツの7品てした。天ぷらは、健康面に配慮しオリーブ油で揚げており、冷めてもカラッとした口当たりで、風味が違いますね。原木露地栽培干しシイタケは水で戻した物らしいですが、肉厚で美味しかったです。又、人参の甘さにもビックリしました。店名の由来には、一度来てくれたお客さんに、又、 来て欲しいという願いが込められていて「去る人無し」から「さるなし屋」と名付けられたそうです。間違いなく、又、来たくなるお店です。


静岡県一覧に戻る HOME CONTENTS