Sobanoyokozuki そばの横好きの蕎麦の食べ歩きと暮らしの中のワンシーン
|  profile  |   link   |   news  |   comment   |   diary   |  Contents of top photos   |  Top Photos 6月      蓮の華・2016               

  蕎麦の細道
 ◆ 蕎麦猪口百花繚乱
  藍の華・筒描
  骨董
 ◆ 美味な店     ・県別
  素敵な店     ・県別
  旬な話
 ◆ おいしい話
 ◆ 暮らしの中で
  旅の風景
  お気に入り
 ◆ VOLVO Goods collection
  TENUGUI Gallery
 EVENT
 6/20 EVENT 
6月のDiary
2016年6月24日(金)
『EU離脱』
世界中が注目して見守った、英国の欧州連合(EU)からの離脱 or 残留についての国民投票。理性ある結果に落ち着くと予想をしていたのですが、離脱派が約1740万票(51.9%)を集めて勝利しました。残留派は約16000万票(48.1%)でした。
予期せぬEU離脱という結果になり、経済悪化の懸念から、欧州のみならず世界的な危機を招く深刻な事態となりました。
イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドから構成される立憲君主制国家の連合王国は、イングランドがスコットランドやアイルランドへの支配を強める形で形成されました。投票の結果、300年以上に及ぶ連合王国が崩壊する懸念が広がります。
スコットランドでは2014年、英国からの独立を住民投票で否決したばかりですが、スコットランドの独立を求める声が再燃して、連合王国が分裂しかねないです。スコットランドのスタージョン行政府首相は、「英国がわれわれの意思と反対に離脱を選択すれば、再び住民投票するのは当然だ」と発言しています。スコットランドが、独立すれば、連合王国は弾道ミサイル搭載原子力潜水艦の母港、クライド海軍基地を失うことになり、英国、ひいては欧州の安全保障に多大な影響を与えるでしょう。
今や世界の経済は連動しており、英国には中国が多くのモノを輸出しています。その原料の多くは日本から輸入されています。なので今後は廻り回って日本の経済にも大きな影響が出てくると思われます。
どうしたもんじゃろの〜。
6/20 EVENT
6/1 news

Google

sobanoyokozuki.com を検索
 Copyright (c) 2004-2016 そばの横好き, all rights reserved. SINCE 2004.01.18 Total   To    Yes