Sobanoyokozuki そばの横好きの蕎麦の食べ歩きと暮らしの中のワンシーン
|  profile  |   link   |   news  |   comment   |   diary   |   tatezukidiary   |   Contents of top photos   |  Top Photos 5月     フルーツタルト                                

  蕎麦の細道
  蕎麦猪口百花繚乱
  藍の華・筒描
  骨董
  美味な店     ・県別
  素敵な店     ・県別
  旬な話
 ◆ おいしい話
  暮らしの中で
  旅の風景
  お気に入り
  マンホールカード collection
  VOLVO Goods collection
  TENUGUI Gallery
 EVENT
 そばの縦好き日記
  5/10 EVENT 
5月のDiary
2019年5月17日(金)
『アメリカンドリーム』

世界の舞台で活躍する日本の若者が増えてきていますが、さすが米国、桁外れの金額に驚かされます。
日本バスケットボール界の期待の星、八村塁。全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大から卒業を待たずにNBAへの挑戦を表明しました。
運命のドラフトまで約1カ月となる中、14日に指名順抽選が実施された事を受け、全米のメディアがこぞって指名順を予想し、6月20日のドラフトで1巡目で指名されるだろうと一斉予想しました。
これをNBA公式サイトが集計し、八村は1巡目13番目。マイアミ・ヒートが獲得するとの予想に落ち着いたようです。
NBAは破格の高年俸で、八村の予想順位、1巡目13位でも1年目からいきなり、最大で年俸約364万ドル(約4億円)を手にするとみられています。
NBAの新人年俸は変わっていて、ドラフト指名された選手の年俸は決まっています。
1巡目1番目が最も高く、2番目、3番目と順々に差がつけられ、その額の80〜120%の間で球団と契約するんです。契約は2年目までが保証されていて、3年目からは選択制となります。
2020年東京五輪と今年8月開幕のW杯・中国大会で日本代表入りが確実視される逸材は、プロ1年目としては、日本のプロスポーツではありえない巨額の年俸と共に、早くも夢の入口に立っています。
それにしても4億円とは、恐ろしい金額ですね〜。







5/10 EVENT
3/19 掛川桜
3/12 news

Google

sobanoyokozuki.com を検索
 Copyright (c) 2004-2019 そばの横好き, all rights reserved. SINCE 2004.01.18 Total   To    Yes