Sobanoyokozuki そばの横好きの蕎麦の食べ歩きと暮らしの中のワンシーン
|  profile  |   link   |   news  |   comment   |   diary   |   tatezukidiary   |   Contents of top photos   |  Top Photos 5月     アイス                                

  蕎麦の細道
 ◆ 蕎麦猪口百花繚乱
  藍の華・筒描
  骨董
 ◆ 美味な店     ・県別
  素敵な店     ・県別
  旬な話
 ◆ おいしい話
 ◆ 暮らしの中で
  旅の風景
  お気に入り
 ◆ VOLVO Goods collection
  TENUGUI Gallery
 EVENT
 そばの縦好き日記
  5/19 news 
5月のDiary
2018年5月23日(水)
『茶番劇』
昨日、日本記者クラブにて行われた、日大選手の悪質な反則行為に対する謝罪会見を受け、東京都千代田区の日大本部で日大の内田正人前監督、井上奨コーチが緊急会見を行行いました。
午後8時過ぎから行われた会見をライブ中継で見ましたが「茶番劇」でしたね。内田正人前監督は、強気で全てを否定し、井上コーチは、メディアからの質問に対して、緊張だけではなく終始奥歯に物が挟まった物言いだったように感じました。左隣に座る前監督の顔色を気にしながらの返答だったように思います。真実を語った宮川選手に対する、詫びる気持ちと真実を捻じ曲げて隠し通さねばならない自分の心との間で葛藤が垣間見れたように思います。
これは私の個人的な推測から導いた意見ですが、日大No2の内田 前監督を庇ってと云うか、庇うしか日大の名誉を守れないと考えたんでしょう。言った云わないの話に持ち込めば、証拠が無く水掛け論になると踏んだんでしょう。その上で、コーチ1人に責任を被せて逃げ切る魂胆と見ました。
トカゲの尻尾切りで世間が納得すると本気で思っているとしたら、日大関係者は馬鹿です。危機管理の初動を踏み間違えた上に、その後の対応も間違った、ぬるま湯に浸かった組織と云えるでしょう。
今日の会見を見た、日大アメフト部の現役選手たちが、事実を隠す監督やコーチを見限って内部告発をするかも知れないといった考えに及ばないのでしょうか。いつまでも真実に蓋をしても、いつかは露見します。その時は、今よりも傷口が拡がると私は思います。すべての膿を一度出し切って再生への道を歩かないと駄目になりますよ。
今年の就職戦線で、日大生に対して求人が減ったり無くなったり、来年の大学受験で入学希望者が、大幅に減ったりするとは考えないんでしょうか。腐った林檎が、他の林檎も全て腐らせる危険に気が付かない。こうなったら組織は崩壊へ突き進みます。明日からの世間の反応に注目です。






5/19 news
5/13 EVENT

Google

sobanoyokozuki.com を検索
 Copyright (c) 2004-2018 そばの横好き, all rights reserved. SINCE 2004.01.18 Total   To    Yes